ドラゴンブラストは一般的な腕を競い合う競技タイプの格闘ゲームではなく、格闘ゲームが苦手な人や、ゲームをやり込む時間が無い人でも十分に対戦を楽しむ事が出来る娯楽タイプの格闘ゲームです。

起き攻めやセットプレイの研究、目押しやコンボ練習を積み重ねる事で勝率を上げていく…という趣旨の格闘ゲームではありません。
故に、格闘ゲーム上級者には物足りないと思う部分が多いので、そのような方は他の本格的な上級者向け格闘ゲームを当たったほうが良いかと思われます。

ドラゴンブラストでは、トレーニングモードに篭ったりする必要はありません、このゲームは技術ではなく、読み合いによる心理戦を重視してます。
また、格闘ゲーム初心者だけでなく、子供からおじいちゃんまで様々な人に楽しんでもらえるように、簡単操作になっております。

一見本格的なようで、万人が気軽に遊べるドラゴンブラスト。
もし、興味がありましたら触っていただけると幸いです。



   
ドラゴンブラストでは二人一組のタッグマッチで対戦します。
キャラ相性で詰む事はまずありません、お互いの弱点を交代でカバーしましょう。



   
読み合いに勝つとジャッジが適用され、大ダメージと共に相手のゲージを奪えます。
他の格闘ゲームとは違い、連続技ではなく相手の行動を読んで一撃を当てることが非常に重要です。



このゲームでは従来の格闘ゲームと同じようにコマンド入力で必殺技を出しますが、
コマンド入力が出来ない人でも簡易必殺技ボタン一つで必殺技が出せます。
これには技が出るまでに実際のコマンド入力にかかる時間を意識したタイムラグが存在しますので、
コマンド入力が出来る人と出来ない人が同じ土俵で戦う事が可能です。



   
攻撃がヒットした時に、相手がどんな技を出していたか、攻撃判定が出る前か、後か、等の情報が表示されます。
「相手小足こすってる筈…ここは投げ!投げれた!やっぱり相手こすってたな」
「昇竜出したのに食らった!!って、あ〜…波動暴発してたのか…」
「ガードした後、小足刺せるかも、間に合うか?よし、相手の技の硬直中に刺せた!」
等が一目瞭然です。



   
チュートリアルで操作とゲームシステムを学ぶことが出来ます。
故に、この場では操作やゲームシステムについての詳しい話は割愛させて頂きました。



   
オンライン対戦に限らず、CPU戦等もリプレイに保存出来ます。
気に入った対戦リプレイはお気に入りリストに登録して保存しましょう。
また、動画作成機能もあり、AVIとWAVファイルを簡単に作成出来ます。



   
インターネットを通してオンライン対戦を行います。
専用のマッチングサーバーがあり、ポート開放等の特別な設定をせずとも全国各地のプレイヤーと対戦を行えます。
ランクマッチやフレンドリスト、対戦拒否リスト等の機能も用意しております。

オンライン対戦の相手は人間です、ネットの向こうの相手に配慮して遊ぶようにしてください。
また、動画配信等の際は無闇に誹謗中傷を行わないように注意してください、特に
面識のない他プレイヤーに対して煽りや中傷を行った場合、厳重な処罰、あるいは何らかの措置を取らせて頂きます。
(そのような配信やブログを見かけた、あるいはそういった被害に遭われた方は一報下さい)

悪質なプレイヤーとして処分されると、そのPCからは永久にサーバーに繋ぐことが出来なくなります。



百聞は1プレイに如かず。